ハイローラーの一番のメリットは全武器中で最も当たり半径が広いこと。そのため、敵の弱点を狙いやすく、特にウーズに対して効果的。
今年の大きな動きとしては、科学技術系(機械学習など)、SciPy、NumPyに関する内容が多いことです。これは、昨年に比べてこの分野のトークの応募が大幅に増え、Pythonがデータマイニングや科学技術計算などの分野で幅広く使われだしたことが関係していると思われます。この分野にこれだけの発表があるのはPythonの特徴だと思います。
将来的には、電極のような侵入型の器具を用いずとも、脳内の神経細胞をワイヤレスで制御できるようにしたい
対応 f : a → b のうちで、 Dom f = a であり、 さらに、全ての値 f(x) がb のシングルトンとなるものを a から b への写像(mapping)と呼びます。 要するに、a 全ての元に対して、ちょうど1つずつ値が割り当てられているような対応のことを写像といいます。
「Aの各タプルsにそのλ成分を対応させる写像」のことを「射影」という

ショットガンは6mより離れると威力に0.6倍の補正
ハンドガンは8mより離れると威力に0.7倍の補正
マシンガンは10mより離れると威力に0.8倍の補正
マグナムは20mより離れると威力に0.8倍の補正
ライフルは距離による威力減少無し
ライフル以外は50m以上離れると弾が届かない(海岸で遠くにある木箱を狙うと分かりやすい)
インファイト・アウトレンジで提示される4mは、曖昧だが敵からキャラ3つ分ぐらいの距離 (8・16mというような距離は4mの距離から逆算したけど正確な距離とは違う可能性有)

アウトレンジの限界は8mで8m以上離れていれば 45%出る
インファイト数値は詐欺で、最大約 18%しか出ていなかった(ここ重要)
インファイト1 約 6%、インファイト2 約 12%、インファイト3 約 18%
その上インファイトは銃身の先ではなく拳ぐらいまで接近しないと最大値が出ない

このパッチの効果は、AI_ADDRCONFIG が指定されていて IPv6 リンクローカルアドレスが利用できる状態であっても、IPv6 の問い合わせをしないようにする はず のものでしょう。ですが実際には AAAA 問い合わせを抑止するだけでなく、IPv6 リンクローカルアドレス文字列の解析まで抑止してしまいます。 どういうことかというと、Ubuntu 12.04 でリンクローカルアドレスだけ使って通信するアプリを作る場合、getaddrinfo に AI_ADDRCONFIG フラグが付いていると、リンクローカルアドレスの問い合わせに失敗して通信ができないのです。なんということでしょう。 対応方法としては AI_ADDRCONFIG を付けないようにすればとりあえず回避できます。
福島県川俣町の渡邉はま子さん(当時58)は、原発事故によって住んでいた山木屋地区から避難生活を余儀なくされたあと、一時帰宅をした平成23年7月、体にガソリンなどをかけ火をつけて自殺した
グルタチオンは、下図に示すような、3つのアミノ酸から成るペプチドです。左側のグルタミン酸は、通常のペプチドとは異なり、側鎖のカルボキシ基でシステインと結合しています。このグルタチオンは、生体内の汎用還元剤とでもいうべき化合物で、有毒な活性酸素などを消去したり、タンパク質のS-S結合を還元してチオールに戻したりなどの役目を持ちます。また、体内に入ってきた異物・薬物などの分子と結合し、体外に流し出すという役割も負っています。こういう重要な化合物が快い味であるのは、合理的なことかもしれません。