東野利夫さんの『汚名 「九大生体解剖事件」の真相』を読んだあと、遠藤周作の『海と毒薬』を再読して、遠藤氏の言葉が真実であることを実感した。『海と毒薬』には九州帝大医学部解剖学教室の平光吾一教授に相当する役柄の登場人物は出てこないことはもちろん、手術を実行した石山福二郎に相当する登場人物に関しても設定が大きく変えられている。小説では、軍部と癒着していたライバルの外科教授に対抗しようと焦った橋本教授が、前医学部長の親類に当たる田部夫人の手術で点数稼ぎをしようとしたものの手術に失敗して患者を殺してしまい、追い詰められた揚げ句に生体解剖に手を出したというストーリーで、生体解剖を行った教授も橋本教授だけではなく、ライバルの権藤教授も別の日に手術を行うことになっていた。しかし、史実では石山福二郎自身が軍部と強く癒着して権勢を誇った医者であり、もちろん生体解剖の直前に前医学部長の近親者を手術のミスで殺してしまった事実もない。4度の実験手術(生体解剖)は全て石山教授が執刀し、小森卓軍医が立ち会った。小説で強い印象を残す看護婦に相当する人物も存在しないし、捕虜を殺しても良心の呵責を感じない戸田医師にいたっては神戸の六甲小学校とN中学を卒業したという設定だが、これは遠藤周作自身の経歴と一致する。
現実には前年8月に榊が特診事件で辞職し、下田の教授着任は12月であることと、この設定は偶然とは思えない。 その頃、1925年8月には附属医院が、同年9月には衛生学、法医学教室などが火災に見舞われるという謎の連続失火事件もあり、九大医学部にはなにかとゴシップが続いた。 小説の主人公、正木敬之教授の名前は榊を連想させるし、正木教授のライバル、若林鏡太郎医学部長とは実在の医学部長兼法医学教室教授、高山正雄がモデルといわれている( 高山教授が下田教授着任までの間、精神科教授を兼任したのは事実である)。 作中の第7号室( 実際の男子の保護病棟には第6号室までしか存在しない)や解放治療場(榊教授が設計した病棟の一部には開放病棟も含まれており、これもまた当時は異例であった)の描写などは、当時の九大精神科病棟を実際に取材していなければ、決して創作できなかったであろう。 発表当時はさほど話題にならなかったというが、今日の「ドグラマグラ」に対する高い評価を顧みれば、いにしえの九大精神科が作家の想像力をあれほどまでに刺激したことを、私たちはむしろ誇りに思っても良いのかも知れない。
sshdのルートプロセスは新規接続の受け付けを行っていること、また、個々の接続情報はルートプロセスではなく、ssh接続毎に作られたプロセス上で保持している
きっとどこかにいる能力者(むしくは能力無効化者)がギリギリのところで世界的危機を防止したにちがいない。
NASAによると、2012年7月23日に発生し、地球の公転軌道上を秒速約3000キロ(通常の太陽風の4倍の速さ)で駆け抜けた太陽風は、過去150年間で最も強力なものだった。軌道上の位置は地球が1週間前に通過した地点であり、NASAの研究員で米コロラド大学・大気宇宙物理学研究所のダニエル・ベーカー教授は「何が起きているかを理解している人はほとんどいなかったが、私たちはとてつもない幸運で難を逃れた。太陽風の直撃を受けていれば、今でも後始末に追われ、復旧には何年もかかったであろう」と話している。
太陽はおよそ11年ごとに、活動が活発な極大期とそうでない極小期とを繰り返す。極大期には、様々な電子機器が機能停止する、強い太陽フレア(過度に充電された陽子の噴火)現象が発生する可能性が高い。 また、強い磁場、高密度のプラズマを伴った太陽風が地上に到達することで、電力供給網を混乱させ、米国だけでも1億3000万人に被害が及ぶ、大規模停電の可能性もある。
当然、毎日朝から晩までつきっきりになるようなビジネスモデルは成り立ちません。ある程度自動化できて、片手間に続けられるものが良いでしょう。 逆に言えば、片手間で続けられるようなビジネスモデルでないと、独立して本業としてやっていく場合でも上手く回りません。
yuyuweb:

2014/07/27 #tower #skytree #yukata

yuyuweb:

2014/07/27 #tower #skytree #yukata

決められることはできる限りその場ですぐに決める。持ち帰りは最小限に。
メールは即返信。30分以内が理想。寝てるときはしゃーない。
すぐに詰めたい内容は電話する。メールは遅い。
弱音はできるだけ早めに吐く。(リスクの報連相)
自分の性格や生活スタイルを伝えておく。「あまり長引く仕事はしたくない」「ツール系の仕事が好き」「今すごい疲れてる」等々。
請けなかった仕事
提示額が安かった
自分が忙しかった
単にだるい時期だった (※)
仕事内容に興味がなかった
仕事内容をこなせる自信がなかった
明らかに炎上していた
人間性が合わなかった
※これ大事です。だるいときに無理に仕事する必要なんてないです。
だるい状態で仕事請けるだなんて相手にも失礼、って考えれば正論っぽく聞こえるのでオススメ。