3つ以上の水準間の優劣を分散分析で付けることは出来ません。
分散分析で有意差が表れ実測値に大小があっても、その差がそのまま要因の差だと断定は出来ないのです。
ただ、あなたはなぜ沖縄に住みたいのですか?もう一度よく考えてください。遊びに行くだけじゃダメなんですか?もしあなたが南国の生活に憧れているだけだったら、沖縄に移住することはあまりオススメ出来ませんね。 移住するということがどういうことか…。どんなに憧れていた土地でも、住んでしまえば近所になってしまうんです。そこはあなたの生活の場になってしまいます。 青い海がたとえ目の前にあっても、あなたはそこを素通りし会社に急ぐ朝を何度迎えることになるでしょう。せっかくの休日に、歩いて5分のところに沖縄の海があるのに、家で一日中寝ている日をあなたは何日過ごすことでしょう。 別にそれが悪いとはいいませんが、沖縄で仕事する意味ってあまりないと思いますよ。沖縄の夏の暑さは半端じゃないですよ。玄関出たとたんスーツはネクタイまで汗でびっしょり。バス停で、渋滞にハマってなかなか来ないバスを待つときの暑さは、そのまま回れ右して家に帰りたくなります。もしくはそのまま気ィ失う可能性も…(笑)。 そして、どれだけがんばっても、あなたの給料はいままでの半分近くまで減るでしょう。そのため、休日にダイヴィングなんてしてる経済的余裕は全然ありません。どうですか?沖縄移住が楽しそうですか?
膣外射精を含む、膣内射精に至らない性交によっても、女性が妊娠する可能性がある。
The organ structures were engineered using muscle and epithelial cells (the cells that line the body’s cavities) from a small biopsy of each patient’s external genitals. In a Good Manufacturing Practices facility, the cells were extracted from the tissues, expanded and then placed on a biodegradable material that was hand-sewn into a vagina-like shape. These scaffolds were tailor-made to fit each patient. About five to six weeks after the biopsy, surgeons created a canal in the patient’s pelvis and sutured the scaffold to reproductive structures. Previous laboratory and clinical research in Atala’s lab has shown that once cell-seeded scaffolds are implanted in the body, nerves and blood vessels form and the cells expand and form tissue. At the same time the scaffolding material is being absorbed by the body, the cells lay down materials to form a permanent support structure – gradually replacing the engineered scaffold with a new organ.
火のついたプロジェクトで単純な実装作業を延々とやっている時はあんまり寝なくても大丈夫であるのに対し*1、ソフトウェア全体を見渡すようなアーキテクチャの設計やプレゼンの準備をしている時には、とにかく寝ないとダメです。こういった実体験をふまえつつ、産業革命による社会構造の変化が「単純労働による労働者の成立」と「労働管理による資本家の隆盛」であったことを思い起こすと、産業革命期の労働とカフェインとの相性が非常に良かったというのは、それなりにうなずける話のように思います。