川栄は事件について「速報が45位で、正直その日から毎日くよくよして毎晩泣いていて、この1年自分は何をやってきたんだろうと思っていた時に、今回のことが起きて、私は神様がくよくよしている自分に喝をいれてくれたんだと思いました。そしたらこんなところでは立ち止まっていられないなと思いました。」と発言している[57](なお速報とは事件4日前の5月21日に発表された投票の途中経過のことであり、川栄の速報での順位は前年の最終結果25位から20ランクダウンとなった[58])。このサプライズ復帰は、川栄本人がスタッフに志願したことで実現したものである[59]。
PerlやJavaScriptと違って、lambdaは単一の式しか書けません。ifとかforとかprintみたいなステートメントが書けませんし、複数の式も書けません。普通の関数(def)のreturnに書くところだけ書けるというイメージです。
キーの有無の判別の正しい方法は ‘eggs’ in hash だけです。
hash[‘eggs’] = None の場合 .get() が None を返すからです。
ちなみに .get はキーが存在しないときはデフォルト値を返すメソッドで、
デフォルト値のデフォルトはNoneですが、明示的に指定することもできます。
timeout = conf.get(‘timeout’, 10)
引数無しでのpop()の呼び出しは、Perlのpop()関数に似ている。これはリストから末尾の要素を取り除き、その取り除かれた値を返す。Perlは他にshift()という関数を持っている。これはリストの先頭の要素を取り除いて、その値を返すものだが、Pythonではa_list.pop(0)で同じことができる。
「カミソリ東條」の異名の通り、軍官僚としてはかなり有能であったとされたが、東條と犬猿の仲で後に予備役に編入させられた石原莞爾中将は、関東軍在勤当時上官であった東條を人前でも平気で「東條上等兵」と呼んで馬鹿にすることしばしばであった。スケールの大きな理論家肌の石原からすると、東條は部下に気を配っているだけの小人物にしか見えなかったようである。 戦時中の言論統制下でも石原は東條について容赦なく馬鹿呼ばわりし、「憲兵隊しかつかえない女々しい男」といって哄笑していた。このため石原には東條の命令で常に内務省や憲兵隊の監視がついたが、石原の度量の大きさにのまれて、逆に教えを乞う刑事や憲兵が多かったという(青江舜二郎『石原莞爾』)また戦後、東京裁判の検事団から取調べを受けた際「あなたと東條は対立していたようだが」と訊ねられると、石原は「自分にはいささかの意見・思想がある。しかし、東條には意見・思想が何も無い。意見・思想の無い者と私が対立のしようがないではないか」と答えている。 東條と石原を和解させ、石原の戦略的頭脳を戦局打開に生かそうと、甘粕正彦その他の手引きで、1942年年末、両者の会談が開かれている。しかし会談の冒頭、石原は東條に「君には戦争指導の能力はないから即刻退陣しなさい」といきなり直言、東條が機嫌を悪くして会談は空振りに終わった。
退職時の引継ぎの際に、chefで自動化されている作業を(chefを使わなくて済むように)サーバ構築手順書としてドキュメント化してくれと言われた…
平成26年9月11日から12日に新宿御苑において採集した蚊を検査した結果、調査地点10か所中2か所で採集した蚊からデングウイルスが確認されました。
1.GDP成長率
2.ISM製造業景況感指数
3.ISM非製造業景況感指数
4.消費者物価指数(CPI)
5.個人消費価格指数
6.耐久財受注
7.失業率
8.非農業雇用者数
9.失業保険申請件数
10.小売売上高
11.消費者信頼感指数
12.住宅着工件数
13.中古住宅販売